LINE Pay 登録の仕方から登録後やっておくことを解説

・ LINE Payってどうやって登録するの?

・登録後やっておいたらいいことってあるの?

と疑問に抱えている方の悩みを解決できる記事になっています。

なぜなら、私はLINE Payを約1年間毎日使っているため、LINE Payに関する知識があります。

本記事では、「LINE Payの登録の仕方」「登録後やっておくこと」の解説をします。

この記事を読み終えることで、LINE Payの登録の仕方と登録後やっておくことを理解することができます。

LINE Payとは

LINE Payとは、LINEアプリ内にお金をチャージすることで使える電子マネーで、下記は主な機能になります。

  • 加盟店や連携サービスでの決済
  • LINEの友達への送金・割り勘
  • 残高の出金

LINE Payで決済すると、自分のマイカラーに応じて決済金額の0.5〜2%がLINEポイントとして還元されます

マイカラーについて詳しく知りたい方は下記記事ををご覧ください。

LINE Payのマイカラープログラムとは?【最新情報を詳しく解説】

手数料は出金時(税込216円)以外はすべて無料です

チャージは銀行口座やコンビニから簡単に行うことができます。

LINE Payへの登録方法

ではLINE Payへの登録方法を解説します。

STEP1)LINEの「ウォレット」タブから「LINE Payをはじめる」をタップします。



STEP2)はじめる」をタップし、各項目にチェックを入れ、「新規登録」をタップすると、登録は完了です。

LINE Payの登録後やっておくこと

次の3つです。

解説します。

その①:パスワードの設定

登録が完了したら、パスワードの設定を行いましょう。

なぜなら、パスワードを設定しないと決済や送金、出金ができないからです。

決済時を例に解説します。

決済方法の一つである「コード支払い」を選択すると、パスワードが求められます。

パスワードを設定しないと決済できないので、必ず設定しましょう。

なおパスワードの設定は、「設定」→「パスワード」から可能です。

その②:銀行口座の登録

パスワードが設定できたら、銀行口座の登録を行いましょう。

なぜなら、銀行口座を登録することで本人確認が完了し、登録した銀行口座からのチャージが可能になるからです。

本人確認が完了していないと、送金や割り勘、出金の機能を利用することができません。

銀行口座の登録は、「銀行口座」→「口座選択」から可能です。

その③:LINE Payカードの発行

最後にLINE Payカードの発行を行いましょう。

なぜなら、LINE Payが使えない場所でも、JCB加盟店であればLINE Payカードで決済が可能になるからです。

例えば、セブンイレブンでLINE Payを使おうとします。

しかしセブンイレブンはLINE Pay加盟店ではないため使えませんが、JCB加盟店であるのでLINE Payカードでの決済は可能です。もちろんLINEポイントもつきます。

これからLINE Pay使い込むぞという人は発行しておきましょう。

まとめ

最後にもう一度内容を確認しましょう。

  • 手順通りLINE Payに登録しましょう
  • 登録後やっておくことは3つです。
  • その①:パスワードの設定
  • その②:銀行口座の登録
  • その③:LINE Payカードの発行

LINE Payへの登録は、上記の手順通りやると簡単にできます。

登録後、「パスワードの設定」と「銀行口座の登録」は、やっておかないと使えない機能が多いので、必ず行いましょう。

一通りできましたら、実際にLINE Payを使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です